お問い合わせ
会員の方へ
トップページ > 規格・安全/市場調査:日本小型船舶検査機構性能鑑定適合品 ライフジャケットについて
規格・安全
「日本小型船舶検査機構性能鑑定適合品ライフジャケット
(固型式)」の使用環境ガイドライン
「日本小型船舶検査機構性能鑑定適合品ライフジャケット(固型式)」とは、浮力・強度・水上での性能(浮遊姿勢など)・着心地等の試験基準を満たしたライフジャケットです。その性能確認試験基準は、平成26年度に日本小型船舶検査機構を事務局とする「レジャーで使用する個人用の浮力補助具に関する業界の性能基準策定に係る委員会」が策定主体として検討し、定めた基準です。
大人用(体重40kg以上)
ランク
浮 力 11.7kg以上 7.5kg以上 5.85kg以上
使用
環境
※1
防波堤 ※2
筏・カセ ※3
海釣り施設 ※4
サーフ・河口域 ※5
淡水域での岸釣り ※6
(表注)浮力は、表示重量の鉄片を淡水中に24時間以上吊下げる力を示したものです。 ランクがまたがる使用環境で適応表に迷われた場合は、1ランク上の商品をご使用頂くことをおすすめします。

外洋に面した沖磯など、潮流が早く、波の荒い磯場がメインとなる場合は、L1をおすすめします。

外洋に面した沖堤をメインにする場合は、L1をおすすめします。波の穏やかな港湾内にある堤防等ではL3もおすすめします。

波が高めの場所や危険が伴う可能性がある場合にはL2のご使用をおすすめします。

海釣り公園や海上釣堀などの海釣り施設でご使用頂けます。波が高めの場所や足場が高く危険が伴う可能性がある場合にはL2のご使用をおすすめします。

波が高い場所で釣行される場合にはL2のご使用をおすすめします。

琵琶湖や霞ヶ浦のような大型淡水域では、L2のご使用をおすすめします。

子供用(12歳未満)
ランク
浮 力 5kg以上 4kg以上
対象者 体重15kg以上40kg未満 ※7 体重15kg未満 ※7

子供用は体重を目安にお選び頂き、40kg以上の場合は大人用から体格にあったものをお選び下さい。

安全のために、ライフジャケットを着用しましょう。
~ 船釣りをされる方へ ~

日本小型船舶検査機構性能鑑定適合品としてのライフジャケットは、小型船舶の法定備品として使用できません。

遊漁船(渡船)を利用し、磯等渡し及び磯釣りを行う場合は、国土交通省の型式承認品でないライフジャケットでも使用できます。

法令や条例で救命具の着用義務等が定められている場合には、国土交通省の型式承認品(桜マーク)を着用してください。

詳細は国土交通省海事局HP http://www.mlit.go.jp/maritime/lifejacket/index.html
~ 安全に釣行頂くために ~
ライフジャケットを安全にご使用頂くために………

各メーカーの取扱説明書を必ずご覧下さい。

ライフジャケットを着用する際は、ファスナーなどをしっかりと閉めて着用して下さい。締具(胴部や肩ベルト)、股ベルトを有しているライフジャケットは、身体にフィットするように締具を調整し、股ベルトはしっかりと付け着用して下さい。

夏季と冬季では衣服などの厚みにより、着用サイズは変化します。都度調整して下さい。

ご自身の身体にあったライフジャケットをお選び下さい。

浮力表示はポケット等に何も入れていない状態の浮力です。メタルジグやオモリなどを入れすぎると浮力性能に影響が出ますのでご注意下さい。

~ 釣行上の注意事項 ~

法令や条例で救命具の着用義務等が定められている場合は、法令などで定められた要件を満たすものを着用して下さい。

ライフジャケットはあくまで浮力を補助するための用具です。生命の保証をするものではありません。

法令や条例などで、釣りが禁止されている場合があります。ご注意下さい。

気象・海象には充分に注意し、単独釣行は避け、決して無理をしないようにして下さい。

海難人身事故に遭遇、目撃など緊急の場合は、海上保安庁「海のもしも(118番)へ」

もしもの場合に備えて、防水パックへの携帯電話の収納など、通信手段の確保に心がけて下さい。



2017年4月26日 現在

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでなければこちらからダウンロードができます。