全国釣竿公正取引協議会 会員の方へ
ごあいさつ 組織 運営事業・沿革 会員一覧
釣竿を安全にご使用いただくために
感電に関するご注意
釣竿の表示について
申請から相談応対まで
公正競争規約とは?
うそつき表示の一掃を!
公正マーク
公正取引規約に基づく表示
釣竿の仕様項目と測定基準
使用材料の表示
原産国の表示
規格の表示と許容誤差
不当表示の禁止
規則・規約など
釣竿の表示に関する公正競争規約 (pdf)
全国釣竿公正取引協議会規則
釣竿における公正マークの使用及び基準に関する規則

TOP> 公正取引規約に基づく表示 > 公正競争規約に基づく釣竿への表示項目
公正取引規約に基づく表示 釣竿の必要表示項目
釣竿の必要表示項目と測定(試験)基準
公正競争規約に基づく釣竿への必要表示項目
項目 公正競争規約
必要表示事項
測定基準(試験方法)
許 容 誤 差
本体・タグ
容器等
カタログ
(1)種別及び品名
  1 種 別
  2 品 名




 
(2)釣竿の使用材料別名称表示    
(3)使用材料   使用繊維の含有率(体積比)
(4)規格
  1 全  長 (m、p) +2cm、-1cm×嵌合数
  2 自  重 (g) +5%以内
部分的に天然素材を使用の場合は省略することが出来る
  3 仕舞寸法 (p) ±3%以内
  4 継  数 (本)  
  5 先  径 (mm) *◎ 竿先から最も近く、部品のついていない部分であって直接測定できる部分の外径
  6 元  径 (mm) *◎ 竿尻から最も近く、部品のついていない部分であって直接測定できる部分の外径
  7 錘負荷 (g、号) *◎ 「フライロッド」等錘を使用しない釣竿、「へら竿」、「渓流竿」等錘負荷表示の必要のない釣竿は省略することが出来る
(5)事業者の住所及び氏名又は 名称  
(6)原産国名   「原産国名・組立て国名 表示方法」参照
(7)組立てを行った国名 (原産国と異なる場合に限る。)  
(8)安全使用に関する注意事項 「釣用品の安全表示に関するガイドライン」参照
(出典:一社)日本釣用品工業会)
(9)保証書を添付している場合はその旨    
(10)カタログの作成時期    
(11)カタログの内容についての 問合せ先    
(12)公正マーク   正しい表示をしているか審査を受け、認定された商品に貼付することが出来ます
(13)感電マーク   製造物責任法に基づくマーク
注1) ◎印は、釣竿の表示に関する公正競争規約の必要表示事項である
注2) 〇印は、表示を推奨する項目とする
注3) *汎用竿については、表示を省略することが出来る
(C)2008 National Fishing Rod Fair Trade Conference All right reserved