全国釣竿公正取引協議会 会員の方へ
ごあいさつ 組織 運営事業・沿革 会員一覧
釣竿を安全にご使用いただくために
感電に関するご注意
釣竿の表示について
申請から相談応対まで
公正競争規約とは?
うそつき表示の一掃を!
公正マーク
公正取引規約に基づく表示
釣竿の仕様項目と測定基準
使用材料の表示
原産国の表示
規格の表示と許容誤差
不当表示の禁止
規則・規約など
釣竿の表示に関する公正競争規約 (pdf)
全国釣竿公正取引協議会規則
釣竿における公正マークの使用及び基準に関する規則

TOP> 釣竿の表示について > 公正競争規約とは…
釣竿の表示について 公正競争規約とは…

1.公正競争規約目的
 「公正競争規約」とは、景品表示法第11条の規定により、事業者又は事業団体が、消費者庁長官及び公正取引委員会の承認を受けて、表示又は景品類に関する事項について自主的に設定する業界ルールです。

2.公正競争規約の効果
 「釣竿の表示に関する公正競争規約」は、消費者庁や公正取引委員会が公聴会や表示連絡会を開いて一般消費者・関連事業者・学識経験者・関連官庁などの意見を聞き、規約について一定の要件に適合しているかどうか確認された上で認定をされました。 認定された規約は、業界における表示について正常な商習慣を具体化し社会的に認められたルールです。

 公正競争規約を設定したことにより、表示のルールが明確になった業界では、各事業者が自主的に、規約に従って自社の表示を改善することになります。消費者にとっては適正な商品選択をしやすい環境が整備されことになりますから、業界全体に対する信頼が向上することが期待されます。

(C)2008 National Fishing Rod Fair Trade Conference All right reserved