全国釣竿公正取引協議会 会員の方へ
ごあいさつ 組織 運営事業・沿革 会員一覧
釣竿を安全にご使用いただくために
感電に関するご注意
釣竿の表示について
申請から相談応対まで
公正競争規約とは?
うそつき表示の一掃を!
公正マーク
公正取引規約に基づく表示
釣竿の仕様項目と測定基準
使用材料の表示
原産国の表示
規格の表示と許容誤差
不当表示の禁止
規則・規約など
釣竿の表示に関する公正競争規約 (pdf)
全国釣竿公正取引協議会規則
釣竿における公正マークの使用及び基準に関する規則
TOP > 挨拶
全国釣竿公正取引協議会は、公正取引委員会の認定を受けた釣竿の「公正競争規約」を適正に施行するために、昭和59年に設立されて以来、4半世紀を迎えようとしている団体です。

釣具業界において唯一、公正取引委員会のご指導の下、消費者が安心して釣竿を選択・購入出来るように「釣竿の表示に関する公正競争規約」をとりまとめ、更に、適正な表示を普及・定着させる為に「公正マーク」を設定し、規約の実行と推進に努めております。
この釣竿に添付している「公正マーク」は、“釣竿の公正な表示を保証するマーク”であることがまだまだ一般釣人には認知・理解されているとは言えません。
今後も尚一層この「公正マーク」の告知・PRに注力して参りたいと考えます。
一方、釣竿による“感電防止”を未然に防ぐことも、当協議会の役割の一つであり、感電防止の“ポスター”や“のぼり”を作製して公正マークの告知と同様に釣り人に訴えて参ります。
今後とも、発足時の理念を守り、釣竿の公正競争規約の普及・啓蒙活動を関係各団体との連携により推進することにより、釣竿の公正かつ自由な競争を促進し消費者取引の適正化に努めることが当協議会に与えられた責務だと考え活動して参ります。

当協議会の趣旨をご理解頂き、一層の発展の為に、今後ともご支援・ご協力賜りますようお願い申し上げます。
Photo
全国釣竿公正取引協議会
会 長 藤井 治幸
(C)2008 National Fishing Rod Fair Trade Conference All right reserved